Loading...


目次 [1] [2] [3]

[無料占い] [無料ゲーム]

背景

1969年より、小学館発行学年誌の一部(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)にて連載開始した。いずれも1970年1月号で、当時の作者名義は「藤子不二雄」。1話ごとに完結する短編として執筆。

ちなみに、「ドラえもん」は「ウメ星デンカ」の後継連載だが、そのアイデアは入稿期日まで思い浮かばなかったという。(正確には、その日までにアイディアをまとめ描き始めねばならなかった。)あせって起き上がりこぼしにつまずいたことが、「ドラえもん」のキャラクターを思いつくきっかけとなった。

その後も連載誌を広げ、1980年頃には8本の雑誌に同時連載していた(執筆活動連載誌参照)。また、テレビアニメアニメーション映画としても展開している。 1980年からはアニメーション映画の原作として単行本1巻分の長編の執筆を開始、これを大長編ドラえもんと称している。映画にふさわしくスケールの大きな舞台で、のび太が仲間と協力して困難を乗り越え、成長する冒険物語が描かれる。これら大長編はドラえもんの作品群中重要な位置を占めており、このことは作者がこれらの作品に傾けた精力のほどからもわかる。特にのび太とジャイアンは長編においてその(日頃は隠されている)個性を発揮し、このことはこれらの作品の大きな魅力となっている。作者が主に小学生をターゲットにした月刊誌連載という紙面上の制限を離れてキャラクターを縦横無尽に活躍させるためには、舞台として長編が必要であったのであろう。

藤子・F・不二雄が逝去した1996年以後もテレビアニメとアニメ映画の制作は続き、映画の漫画版を萩原伸一(後のむぎわらしんたろう、「ドラベース ドラえもん超野球外伝」の作者)、岡田康則が執筆している。

1996年の時点で、漫画単行本は日本で約1億部が売れ、日本以外のアジアを含めると海賊版を含めて1億3000万部以上が売れている。(小学館調べ)

また、小学館が2002年から「Doraemon: Gadget cat from the future」という名で原作の日英バイリンガル版を出版している[1]。香港 (HK Ching Win, Culturecom)・台湾 (Asia Pacific Entertainment)・韓国 (Kookmin Books) などアジア各国でも現地語の翻訳版が出版されている[2]

藤子・F・不二雄本人が執筆した作品は全1345話(短編・中編・長編の合計数)。バケルくんとの共演作品「ドラとバケルともうひとつ」などを含めると全1433話となる(ただしそのうち『空中つりセット』と『さかさカメラ』の扉以外全てと、『空気中継衛星(26巻)』『しずちゃんとスイートホーム(35巻)』『サカユメンでいい夢見よう(36巻)』の後半部分は、アシスタントのたかや健二による執筆)。

本作に登場する人物たちは、作者の少年時代に周りにいた友人や人々がモデルとなっているとの説がある。そして町並みも話の設定では東京とされているものの、少年時代を過ごした富山県の故郷の風景であるとする説がある。のび太については、作者本人の子供時代をモデルにしていると作者本人が語っている。作者の少年時代は、運動神経はにぶく、ドジで、いつも漫画を描いていたらしい。 さらに、源静香については作者の理想の女性を描いたものだとする説がある。

今日のおすすめ





旧作には旧作の良さがありますが、今作も今作の良さがありました。 やはりCGによる迫力は全然違います。 黒マスクに追われているときや恐竜に襲われているときの迫力、緊張感が旧作とは比較にならなかったです。 買ってよかったと思える作品でした。 声優に関しても、僕はこれはこれでいいと思います。 ジャイアンが棒読みだと指摘される方がいましたが、逆にジャイアンらしくて好きですよ。
この作品の肝は、なんと言ってもカードバトル。正直今まで"食わず嫌い"だったのですが、物の見事にハマってしまいました。カードの選択、チーム編成、コストとエナジーのバランスetc.コツが分らないうちは試行錯誤の連続ですが、オリジナルデッキが組めるようになってくると俄然戦略性が高くなり、面白くなってきます。また、どんなに高度に戦略を練り上げてデッキを組んだとしても、カードの並びという"運"に左右される要素も大きく、ゲーム性が非常に高く感じられました。
他のドラDVDも見てますが、これは最高におもしろいと思います。 人によると思いますが、なつかしさでいっぱい。 新しいドラえもんより、登場人物がみなハイテンションなのがいい! あの伝説の、ドラえもんの語尾「なのら!」もきけるし、タケコプターも初登場。 20歳以上の人は、ドラDVD集めるなら1巻からがよいと思います。
記念すべき第1話「未来の国からはるばると」は、「あなた方(子供たち)の将来は、あなた方次第ですよ。」、突き詰めれば、「日本の、世界の、将来・未来は、あなた方にかかっていますよ。」ということを作者は言っているんですよね。「ジャイ子と結婚する」とか「倒産記念」とかは単なる“小道具”にすぎません。児童漫画として、こんなにも希望に満ちたオープニングはないと思います。このように“メッセージ”を“笑い”で包み込んでいるのが、『ドラえもん』です。
白亜紀に卵のまま死んでしまった一匹のフタバスズキリュウは、1億年後、たまたま発見したのび太によって生を受け、ピー助と名付けられました。 藤子先生が大好きだったであろう時空と恐竜をテーマに、のび太と仲間たちが繰り広げる大冒険物語。最初の長編作品にして最も壮大な物語に仕上がっていると思います。1億年前の生物との出会いと別れ…。考えれば考えるほど感慨深く、スケールの大きなお話です。
小さいときドラえもんを観ていた人なら、誰でも必ず何曲か聞き覚えがあるはず! それくらいの名曲だらけのラインナップだと思います!! 私も(最近の映画主題歌はあまり良く分かりませんでしたが)1〜10までの曲はかなり懐かしく、改めて名曲だと思ったところです♪ 中でも特に、武田鉄也・作詞、歌の曲は、どれもが映画に合ったメッセージ性みたいなのが溢れた名曲中の名曲ではないでしょうか!?

ドラえもんの誕生日は2112年9月3日ですが、"2010年までにアニメ同様のドラえもんをつくろう"というテーマのReal Dream Doraemon Project(http://rddp.jp/)で第一弾として作られたミニサイズのドラえもんロボットです。言葉を覚え、合い言葉で四次元ポケットを開いたり、「ねずみ」の一言であわてふためいたり、倒れると「おこして〜」とジタバタしてくれます。 自分を含め、ドラえもんを見て育った世代が何人か買っていますが、これは幼稚園前後の子供がいる家庭向きかなと思います。
ドラえもんとガチャガチャの組み合わせに昔、ほんとうに驚きました。そのまま再販しても売れるでしょうが実物を見ると今回は形も色も現代的にアレンジされていて明るくやさしい感じがしました。(顔が少し平面的です)ドラえもんの玩具も数多ありますが四次元ポケットに着目しここまで子どもの期待を裏切らないものは少ないと思います。価格も抑えられていますね。

この値段でタケコプターでドラえもんが空を飛ぶなんて夢のようでしょう。 子供の頃の夢だったタケコプターが近いうちに現実になりそうな気持ちでした。 3歳の子供にも操作が出来るのですが、さすがに着地をそーっとすることは出来ないのでドラえもんの着地地点を予測?しながら走り回ってキャッチしています。 が、下が土や草だとなんとか大丈夫なのですがアスファルトだとボディが壊れてしまうかもしれません。 ちなみにうちは2台もっています。

うちには9歳7歳4歳の子供がいますがその母(私)も届いた日は争奪戦に加わりました^^私が子供の時から見てるドラえもんの道具がリアルに再現できていて今の子供は幸せだなーと感じました。初めは空気がたまるコツがわからず何回かためなおしましたが今では皆コツをつかみバンバン撃ってます。あたっても痛くはないが威力は風船を吹き飛ばす程あり楽しめます♪注意書きにもありますが耳付近で撃つと危ないです。そのお約束が守れれば年齢も広く遊べて楽しいおもちゃです*^−^*

大好きなドラえもんが、フェルトで作れます。  子供は勿論、色々な方に大喜びされています。  フェルトの持つ、優しい雰囲気で、ドラえもんを作ると、とっても、素敵な作品になりますよ! その他の小物も、絶対オススメ!  自分で作るから、大切に使い続けられます。

これをするために、我が家にやってくる友達もいます。 日本・世界共、地名は覚えられるし、周りの絵で何が近くにあるのか、またドコドラの絵でこの地区は何が有名なのか、とても簡単に覚えられます。 世界だとすぐに終わってしまうので、時間のある時には、日本がお勧め!! ひみつ道具カードが楽しいですよ♪

これを読まずにドラえもんは語れないといっても過言ではないのではないだろうか。 本・情報自体は1997年までしか掲載されていませんが、藤子・F・不二雄氏が亡くなった後なのでこれ以降の情報はあまり要らないでしょう。 ドラえもんの基礎知識からマニアにでか知らないような情報、豆知識、キャラクターのプロフィールetc・・。 ドラえもんの誕生秘話や、藤子・F・不二雄氏の語録なども掲載されています。 サイズも文庫版なので申し分ないです。

ドラえもんの作者の生い立ちがさまざまなエピソードを交えて描かれています。藤子F不二雄が「子供の頃、僕は「のび太」でした」というように、おとなしい性格の子供時代と藤子Aとの友情、マンガへの情熱と手塚治虫との出会いなど、藤子ファンなら誰でも知っている話以外にもいろいろ盛りだくさんで楽しめます。巻末の時代年表は戦後の時代の流れを感じさせてくれます。

内容は4人の主人公がそれぞれ物語を進めていく英会話なんですけど、英語の質問に3択で答える問題はどれも正解で、選んだ答えによって物語(相手の言動)が変化していくんです。 1話終わると宝物をGetしたり、ドラー(お金)をGetしたりで、子供を飽きさせない内容です。 まだまだ1人のお話の途中ですが、内容がたくさんあり長く続けられそうです。
興味ある分野で英語を学ぶ方法は非常に有効です。教科書のように古典や文学、伝記で英語を学ぶのは英語への関心はあっても、題材に興味がもてなくてはなかなか文章が頭に入らないのは勿体ない話です。 本書は誰もが知っていて、国民的人気のドラえもんを題材にしているので、楽しみながら、笑いながら自然に英語を習得することができます。シリーズ第二弾の本書は原書から16作品を英語で読むことができます。日本語もコマ外に記されているので、まず英語で通して読み、その後日本語と確認しながらわからない点を読み直すと良いと思います。

子供の時読んだ時は、意味がわからなかった言葉も、大人になってから読み返すと、こんなに心に響く言葉があるのかと感心しました。 何気ない言葉でも、それだけで元気になるような言葉もあります。ドラことばのような、人を元気にできるような言葉を、自分もこれから他人に言えたらいいなあと思いました。 私が一番いいと思った言葉は、 「道を選ぶということは、必ずしも歩きやすい、安全な道を選ぶってことじゃないんだぞ。」
まず、その名前のとおりいろいろと とびだす仕掛けになっていて、”どこでもドア”をさしこんだりして風景が飛び出すので 確かに楽しいとおもいますが、ドラえもんの道具も少し付属されていますが、あまりに小さいので 無くなったりや下の子がいると あまり良くないかもしれませんが、それ以外で言えば 子供にとって夢が有り良いと思います。
ドラえもんの声で応援してくれます。でも、だんだん早くなっていくので、 子供用にはもうすこしレベルをさげてじっくり練習できればいいのにとおもっての星1つ減点です。(一応小学生にも対応とかいてありましたが)。でもドラえもんファンとしては、応援してもらえるし、クリアすると秘密道具がもらえたりするので、得した気分です。また、”ジャイアンのローマ字1000本ノック” と”ねずみたたきゲーム”で、気分転換しながらしっかりれんしゅうできるので、気晴らし程度によいと思います。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク